Menu

Entry

News

2017.07.04

MAMM 2017 Website Update!

MAMM 2017 ウェブサイトをオープンしました。

今大会について

MAMM2017 大会規模縮小とコース変更に関する説明

昨年静岡県の川根本町を舞台にスタートした、南アルプスマウンテンマラソン(MAMM)。
町民が約7,000人とういう小さな町に全国から約900人のランナーが集結しました。

MAMM発足の理由は、町域の約90%が森林というこの地の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたい。自然豊かなフィールドを使って川根本町の新たな魅力を発信したい。過疎化・少子高齢化が進み町民の半数が高齢者であるという状況下において、少しでも改善の糸口になりたい、そして町民に元気と勇気を与えたい。という町内の若手有志による川根本町に対する熱い気持ちからでした。

MAMM2016の大会規模は、エントリー定員1,000人、フル45km㎞・ハーフ22.5㎞という国内のトレイルランニングの大会としても、とても大規模な大会となりました。 前年度に関しまして、まずは、トレイルランニングの大会運営に関しての素人が実行委員を務め、何とか形にしなくてはいけないという一心の想いで、選手・スタッフ・ボランティアの方々に多大なるご迷惑をお掛けしたことをこの場をかりて、お詫び申し上げます。

MAMM2017を開催するにあたり、町民の意見も様々でした。しかし、多くの町民が参加して下さるランナーとの出会いを楽しみにし、この町の魅力を再認識し、この町の可能性に期待しています。そんな多くの町民の思いから、今年度もMAMMを開催する運びとなりました。

昨年の反省点を見直し改善し、より多くのランナー・スタッフ・ボランティアが楽しめる大会、参加して良かったと思える大会にすることが、MAMM2017の大会意義でもあります。その為、今年度は大会規模を縮小し、コースも短縮・変更しました。変更箇所とその理由を下記に記しましたのでご確認ください。

〈MAMM2017変更箇所〉

定数
1,000人から600人に縮小しランナー一人ひとりに対してのおもてなし・ホスピタリティの向上に努めます。

メイン会場
メイン会場をMAMM2016のハーフゴールで使用した「つつみ遊園地」とし、スタート・ゴールともに、ランナーのみなさんには多くの町民とより触れ合っていただけるように変更しました。

駐車場
つつみ遊園地付近に必要台数分を確保し、会場から最大でも徒歩15分圏内としました。これにより、参加者みなさんのそれぞれのタイミングでの移動が可能になります。帰りにはゆっくり千頭駅付近や寸又峡・接阻峡などの名所を観光することもできます。前回のバス移動による、スタートの遅延、帰りの交通手段によるストレス、駐車場の設定・管理不足などの反省点を考慮した変更でもあります。

コース
自然保護の観点からMAMM2016で使用したトレイルはMAMM2017では使用せず、新たなコースを設定しました。走れる林道・フカフカのトレイル・ロードをバランスよく組み合わせ、エリートランナーにとっては「スピードコース」、ビギナーランナーには「入門コース」となり、多くの方に楽しんでもらえる設計です。川根本町は東西23㎞・南北40㎞と細長くその90%が森林であり、また林業がとても盛んなことから、コースが無数に設定できることも、この町ならではの事だと思います。エリートランナー好みのハードでテクニカルなコースやビギナーランナー向けのゆったりとしたコースなどバラエティにとんだコース設定も可能です。前年度のコースに対する記録の更新という要素は減少してしまいますが、その年ごとに味わいの違う川根本町の魅力とMAMMをお楽しみください。


MAMM2016から大会規模・大幅なコース変更に戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。今回の変更は、参加者・スタッフ・ボランティアなど、関わるすべての方に楽しんでもらいたいという思いから"変更"という選択に至りました。去年よりもいいものを、次回はもっといい大会にというDIYの精神でMAMMを運営していきたいと思います。様々なカタチで参加してくださる方々に最高の思い出を提供する準備を事務局一同、力を合わせていきます。ご理解いただけたら幸いです。

事務局・スタッフ・町民一同多くの方のエントリーをお待ちしております。
私たちと一緒に川根本町で最高の思い出を作りましょう! "川根本町"でお待ちしております!

MAMM 大会事務局一同

Link to

不動の滝キャンプ場

RONNOBAR

Minami Alps Mountain Marathon